真夏直前 まだ間に合うボディメイキング その6

皆さん、体を動かしてますか?

兎にも角にも体を動かして消費カロリーを増やしましょう。
時間に余裕のある方は午前、特に起床後に有酸素運動、
夜にウェイトトレーニング(筋トレ)をして、1日を通して
EPOCが続くようにしてみましょう。


・鏡を見て、自分の身体をチェックし、摂取カロリーを微調整する
 
お風呂上りとかに自分の身体を鏡で見る事はあると思い
 ますが(私は毎晩チェックしています)、腹回りや顔のラインが
 弛んできたなと思ったら、運動量を増やすか炭水化物の摂取量
 (あるいは脂肪の摂取量)を減らします。
 また体重が明らかに筋肉の張りが無くなってきた時は、
 ウェイトトレーニング中に摂るカーボ(糖分)の量を増やしたり、
 繊維質の野菜を増やします。


・C:P:F比を4:3:3にしてみる
 
 C(炭水化物):P(タンパク質):F(脂肪)の摂取比を、4:3:3
 にしてみます。  
 タンパク質と炭水化物は1g=4kcal、脂肪は9kcal、
 体重70kgの人が1日に2000kcal摂取していて体重が増えも減りも
 しない場合、タンパク質の必要絶対量は1kgあたり2.5gとして
 175g。   
 175g×4kcal=700kcal、
 炭水化物も同じ4kcalなので、175g
 2000kcalー700kcal-700kcal=600kcalで、
 600kcal÷9=67g
 
 このうち、タンパク質は絶対量で、良質の脂肪もある程度は
 しっかり摂取したいところ。 
 だとすると、減らす場合は①炭水化物、②脂肪 
 になります。  
  
  
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

鈴木

Author:鈴木
カイロプラクター
整体師
パーソナルトレーナー

JIN-仁カイロプラクティック我孫子整体院
http://jin-chiropractic.com/


所在地
千葉県我孫子市本町3-3-15 木川ビル1階

電話番号
04-7197-2860

営業時間
午前9~12時 
午後2:30~7時

定休日
日・祝・不定休

*予約制


JR我孫子駅南口より徒歩3分
頭痛、めまい、不眠、便秘、肩こり、
五十肩、手のしびれ、腰痛、ぎっくり腰、
坐骨神経痛、脚のしびれ、産後の骨盤矯正、
O脚、ストレス性の症状、

・米NSCA認定CPTパーソナルトレーナー、

・国際救急救命協会 CPR+AED心肺蘇生士、

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR