真夏直前  まだ間に合うボディメイキング その1

●運動量を増やす

体脂肪(体重)を減らすには、「摂取カロリー < 消費カロリー」 状態で
ある必要がありますが、

それには
1、運動をして消費カロリーを増やす
2、食事量を減らして摂取カロリーを減らす
3、1と2を行う

ですが、

まず、今の摂取カロリー制限はせずに運動量を増やしてみましょう。

ダイエッターに多い過ちが、ハイボリュームの有酸素運動と
超低カロリー食を同時に始めることです。
これは一気に半飢餓状態に入る事になり、
急速な体重減少が起きるけど筋肉量まで急激に減り、
基礎代謝が落ちて結果的に体脂肪が落ちにくくなります。  


運動としてはウェイトトレーニングをまずオススメします。
筋肉量を増やすことで基礎代謝が上がり、体脂肪が付き
にくい身体になりますし、トレーニング後のEPOCも期待できます。

また、バス・電車・車通勤している人は、なるべく徒歩か自転車に
変えてみましょう。 出勤時と帰宅時にこれらの時間を増やすだけでも
バカになりません。  エレベーターよりは階段を。
とにかく動いて消費カロリーを増やしてみましょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

有酸素運動と置き換え食を最近までやってました、痩せるわけありませんね・・・ウェイトトレーニングしてみます。

No title

M浦さん、

結局は、消費カロリー > 摂取カロリー ですから、
有酸素運動だけでも十分痩せますよ。

痩せない時は他に原因があったりします。
食事内容や、摂るタイミングや量、その人の
基礎代謝、日中の活動量、筋肉量など、色々です。

炭水化物を良質の脂肪に変えると、意外と腹周りが
スーと落ちて行きます。
プロフィール

鈴木

Author:鈴木
カイロプラクター
整体師
パーソナルトレーナー

JIN-仁カイロプラクティック我孫子整体院
http://jin-chiropractic.com/


所在地
千葉県我孫子市本町3-3-15 木川ビル1階

電話番号
04-7197-2860

営業時間
午前9~12時 
午後2:30~7時

定休日
日・祝・不定休

*予約制


JR我孫子駅南口より徒歩3分
頭痛、めまい、不眠、便秘、肩こり、
五十肩、手のしびれ、腰痛、ぎっくり腰、
坐骨神経痛、脚のしびれ、産後の骨盤矯正、
O脚、ストレス性の症状、

・米NSCA認定CPTパーソナルトレーナー、

・国際救急救命協会 CPR+AED心肺蘇生士、

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR