1220万人がこころの病抱えるニッポン 危険な精神科薬何種類も投与されるキケンな現実

全く同感です。

「夜回り先生・水谷修 天に向かって、つばを吐く」より

私は、ずっと日本の精神医療について危険性を感じています。
いや、厳しく言えば、精神科や心療内科、神経科を一度解体し、
再度治療の在り方を再考すべきだと考えています。
 現在、日本の精神科医のほとんどは、投薬による治療に専念しています。
医師に、「眠れない」と訴えれば睡眠薬を投与されますし、「いらいらする」と言えば向精神薬、
「死にたい」とこぼせば抗うつ剤を投与されます。
しかし、環境要因による後天的な精神疾患を、環境を変えることなく、精神科薬の投与によって、
脳自体の活動に大きな影響を与え、環境適応できるようにすることは、
本当の意味での治療といえるのでしょうか。
 たとえば、虫歯で歯が痛くて歯科医院に行ったとします。「歯が痛い」と相談したら、
痛み止めを2週間分渡されたとします。2週間後には、痛み止めがなくなり、
再度行ったら、また痛み止めを2週間分。こんな治療では、半年後には虫歯がさらにひどくなります。
痛みの原因である虫歯の治療をすることが、本当の治療です。
 精神科医も、なぜ眠れないのか、なぜいらいらするのか、なぜ死にたいのか、
その原因を探り、突き止め、解決することが、本来の治療なのではないでしょうか。
原因が、家庭の問題にあるのなら、家族を呼び家庭環境を変える。
学校にあるのなら、校長や教育委員会に連絡して、その解決に当たる。
職場環境にあるのならば、上司に連絡し、職場環境を変える。
ここまで動いている精神科医は、日本にいったい何人いるのでしょう。
 また、みなさんに聞きたい。何かの病気で医者にかかり、何ヶ月もその病気が治らなければ、
その医者は「ヤブ医者」。使い物にならない医師となるでしょう。
でも、精神科医の場合、何ヶ月も何年も、投薬の量を増やしながら、
治療と称して、投薬を続け、患者の脳を破壊しています。
これは、許されることなのでしょうか。私は、ある意味で殺人行為だとすら考えています。

しかも日本では、たばこの中のニコチンやアルコールは、子どもたちのこころや身体、
脳の健全な成長に大きな害を与える可能性があるという理由で、法律によって厳しく禁止しています。
にもかかわらず、ニコチンやアルコールよりはるかに危険な精神科薬を、
中学生や高校生に何年にもわたり投与すれば、どうなるでしょう。
その子どもたちの脳や身体、こころに消すことのできない大きな害をもたらします。
しかし、日本の多くの精神科医は、平気で何年にもわたり多量の投薬を続けています。
 すべての医師は、その治療計画及び、副作用、治療後の成果について、
きちんと患者に伝える義務があり、その行為に責任を取らなくてはなりません。
でも、これをきちんとやっている精神科医や、こころの病の治療に関わる医師はいるのでしょうか。
 今、我が国では120万人がうつ病認定を受け、1100万人が、こころの病の治療を受けています。
彼らの受けている治療は、ほとんどが精神科薬の投与のみです。
ここで使われている治療費は2兆6000億円に及びます。ほとんどが薬代です。
この10年間で60倍に増えています。日本は、世界で数少ない精神科薬の複合投与をする国です。
危険な精神科薬を何種類も患者に投与します。
かぜを早く治したいからと行って、ブロンやセデス、ルルやバッファリン、葛根湯を
一度に飲んだらどうなりますか。
先進国の多くは、その危険性に気づき、単薬投与を基本としています。
しかし、日本の多くの精神科医は、必ずと言っていいほど数種類の薬を投与します。
こんな危険なことはないのに。
 みなさん、国民の10人に1人が、こころを病み、完全な労働ができない国に、
明日はあるのでしょうか。
私は、ないと考えています。それほど、現在の日本は危機的な状況です。

今、精神医療を受けている人たちへお願いです。
必ず医師に、治療計画及び副作用をきちんと書類で書いてもらってください。
そして、治療がきちんとできなかった場合は、完治しなかったり、そ
れによって症状が悪化した場合は、医師を訴えることを伝えてください。
ほとんどすべての医師が、治療を拒否するはずです。
その医師は、“使い物にならない医師”です。それをきちんとしてくれた医師から治療を受けてください。
 私は、あまりにも精神医療によって壊され殺された子どもたちを見過ぎました。
先日も1人失いました。
 最後に、私は、医師による精神科薬の投与を、すべて否定しているわけではありません。
眠れない状態が何日も続けば、その患者の身体は壊れてしまいます。
死にたい状況を続けていれば、自らいのちを絶ってしまうことにもなります。
二ヶ月から四ヶ月程度、精神科薬を投与し、その症状を緩和させ、そしてその間に、
環境を変えさせていく。このような治療は否定していません。
それこそが本来の治療の姿ではないでしょうか。



スポンサーサイト

ボキボキ矯正を受けて痛くなり悪化した人達

最近、こういうケースの方が増えています。
他院で壊されて、うちにお越しになる方。

昨年、腰痛・膝痛・生理痛・産後の骨盤矯正でお越しの松戸市のWさん、
お子様を預ける環境がなかなかなく、今回地元の新松戸の〇〇整骨院を子連れで受けに。

頸椎や羽交い絞め胸椎、側位での骨盤矯正などをされて、3回目に胸から首・背中にかけて
痛くなったので、その旨伝えたら、また同じ事をされ、更に痛くなったと。
それで保険診療なのだそうです。
これはヤバいと思い、我孫子にお住まいの両親にお子さんを預け、またお越しになりました。

検査の結果は「椎間板の不具合による問題」=事故、
施術中、「やっぱり最初から先生の所に来ていれば良かった・・・・・」と
何回もため息をついてました。
術後は4~5割軽くなったと。

決して安くはないお金を頂いて・・・・
改善できなかったというならまだ仕方ありません。
どんなにゴッドハンドでも、残念ながらすべての症状を改善できるわけではありません。
アプローチしている所とは違うところに問題があったり、技術の問題だったり、
あるいはよほど重症だったり・・・・・・
ですが、壊してしまうというのは論外です。

誰だって安くはない金額を払って痛い思いはしたくはないと思います。

我々治療家はその事を肝に銘じなければなりません。
自分への戒めの意味も込めて、今回敢て書かせて頂きました。



休診日と値引きキャンペーン終了について


ここ数週間、予約が殺到して予約が取りづらい状況が続き、予約ご希望の方にはご迷惑を
おかけしております。

日々、症状の重い方が朝の9時から夜の9時まで続き、それでも1人でも多くの方に良くなって
頂きたいとの一心で頑張ってきました。  急性の症状の方には、どうしても連日で診た方が軽く
なるので、休みの日でも返上して患者さんを診る事が多々あります。

たまの休日も母校の勉強会などに参加する(我々施術家は常に技術の向上に努めなければ
なりません)ために、休日であっても身体が休めないのが現状です。

私も人間なので、朝から晩まで重い症状の方を診ていると、心身共にグッタリとなります。
なかなか休養が取れない最近では、より顕著に疲れが出ています。
また、患者さんに気分良く施術を受けて頂くためにも、やはり休日には十分なリフレッシュが必要であると感じています。

また、1人整体院であるため、経理的な事や宣伝的な事、清掃等、1人で全てをこなさなければならず、
ここ数ヶ月は身体が悲鳴を上げている状態でした。

例えば、明日、事故で腕を骨折したり、体調を崩して長期入院などになれば、その間収入は途絶える
のは勿論ですが、今通っている患者さんに迷惑がかかります。

患者様の健康をお手伝いさせて頂く私がが体調を崩すなど本末転倒です。
ですが、このままだと近い将来必ず、著しく体調を崩し、施術の質の維持が困難になること
と思われます。

私としても『私を信頼し、ご来院くださる全ての方々のお身体が楽になり、自然に笑顔になれるような
幸せな生活を送るお手伝いがしたい。』という想いを継続していくために、
患者さんのためにも、安定的・持続的に整体い院を経営をして行きたいと考えております。

つきましては、誠に恐縮ではございますが、上記の事情により月の休診日を現状から6~7日に増やし、
また値引きキャンペーンを、9月末を以って終了とさせていただくこととなりました。
何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

これからも全ての患者様に少しでも満足頂けるよう、変わらず努力を続けていく所存です。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

2016年8月22日
JIN-仁カイロプラクティック我孫子整体院 院長 鈴木貞之


1週間前から続く息苦しさと腕のしびれが1回の施術で消失     したからといって治っている訳ではありません。


先日、今週の月曜日の午前中に、
1週間前から呼吸が息苦しい 左手がしびれるという70代男性が飛び込みでお越し
になり、他の患者さんで予約が埋まっていたため、昼休みに来て頂き、
帰りには息苦しさと左腕の痺れが消失していたという男性、

木曜日に2回目お越し頂く事になっていましたが、
結果から言うと連絡なしでとうとう来ませんでした。

木曜日の10時半に予約を入れたいという患者さんが2名居て、お断りして
いたのですが、迷惑極まりないですね。
怒りを通り越して悲しくなりました。

単純にその時間得るはずだった売上も損失になっているのです。

当院にお越しで、めまいや頭痛、動悸、腰痛などが初回で取れてしまったという
事は度々あります。
ただ、根本的に改善しておらず、腰椎なり骨盤なり異常がまだ出てますので、
引き続きお越し頂くようにしております(でないと、また息苦しさや腕のしびれは再発すると思います)。
逆に不必要な通院・予約は取るような事はありません。

まだ、ウソでも事前に連絡を頂ければ良かったのですが、
(連絡ありでも直前にドタキャンはかなり迷惑ですが・・・)

いずれにせよ、術者と患者さんの信頼関係の上でやっておりますので、
こういった方は今後一切予約を承る事はないでしょう。

痛み・不調が1回で消失したからといって、
治っている訳ではありません。

無断キャンセル・直前キャンセルなどは他の患者様のご迷惑となります
のでご遠慮ください。(その時間、どうしても施術を受けたかった方が他にいらしたかもしれません)。
また、やむおえなくキャンセルをされる場合は早急に
ご連絡ください。
一人でも多くの方に健康になって頂きたいのです。  
ご協力お願いします。


 

おじさんは怒っているんだぞ!

昔、タモリの番組でこういうタイトルがありましたね。

昨日、急患で全身が(触れただけでも)痛い、腰も痛いという11歳の
女の子のKちゃんがお母様の付き添いで来られました。  

我孫子市内の某●●●外科に行き診断を受けましたが、異常は無しと
言われ、お薬だか湿布だかを処方されたそうです。 それだけ・・

それで、同じく我孫子市内の某●●●●●接骨院に行ったそうですが、
ここでは軽い問診のみで検査等はなく、電気をかけてマッサージをして・・・・・を2回受けた
そうですが、なんら改善はしなかったとの事です。

検査をしてみるとカテゴリーⅢ(腰椎の問題)、
笑い上戸のKちゃん、ニコニコしてますが・・・笑いごとじゃないですよ!
重症ですよ、事故レベルです。

異常なしとか、湿布だけとか、

マッサージだけって

何処診ているんでしょう? 
 
ちゃんと診てますか?

大いに異常ありますよ。

 しかも重症ですよ。

本人がこれだけ辛そうに痛そうにしているのに

異常無い訳ないだろ!



とにかく、セオリー通りに通常の施術を。
背中を触る程度でも痛がります。 丁寧に丁寧に。

カテゴリーⅢでしたが、Ⅲブロック投入後、アームフォッサ反応があり、
Ⅱブロックも投入。
さすがに若さでしょうか、治りも早い!?

お母様もギックリ腰の常習ということで、平行して施術しました。
Kちゃん、頭蓋骨調整中から爆睡・・・・・

術後、検査の結果はⅢもⅡも陰性、Kちゃんはだいぶ楽になったとの事です。

Kちゃんは部活で陸上部、他にも体操とダンスをやっているそうで、
オーバーワークの感じがあります。

先月もオーバーワークのバスケ少女のノアちゃんの例もあるし、
少年少女の部活等のオーバーワークが気になります。

若いから回復も早いでしょうが、日頃のストレッチなどのケアも
充分行って頂いた方が良いでしょう。


頭痛、肩こり、腰痛、産後の骨盤矯正は
痛くない、優しい整体
JIN-仁カイロプラクティック我孫子整体院
http://jin-chiropractic.com/
04-7197-2860

千葉県我孫子市本町3-3-15 木川ビル1階

JR我孫子駅南口から徒歩3分です。

プロフィール

鈴木

Author:鈴木
カイロプラクター
整体師
パーソナルトレーナー

JIN-仁カイロプラクティック我孫子整体院
http://jin-chiropractic.com/


所在地
千葉県我孫子市本町3-3-15 木川ビル1階

電話番号
04-7197-2860

営業時間
午前9~12時 
午後2:30~7時

定休日
日・祝・不定休

*予約制


JR我孫子駅南口より徒歩3分
頭痛、めまい、不眠、便秘、肩こり、
五十肩、手のしびれ、腰痛、ぎっくり腰、
坐骨神経痛、脚のしびれ、産後の骨盤矯正、
O脚、ストレス性の症状、

・米NSCA認定CPTパーソナルトレーナー、

・国際救急救命協会 CPR+AED心肺蘇生士、

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR